四国71番大本山弥谷寺【公式HP】

四国香川県弥谷寺公式HP

四国霊場第71番 弘法大師学問修行之遺跡 弥谷寺
〒767-0031香川県三豊市三野町大見乙70
Tell 0875-72-3446
Fax 0875-72-3755

2014/07/28
2014/03/20・21
・3月20・21日の両日、弥谷市お水まつり(詳細はクリックして下さい)が開催されます。
2012/07/05
四国霊場開創1200年を記念して当山では、H26年に大師堂・秘仏『厄除け大師像』を320年ぶりに御開帳させて頂きます。

弥谷寺(IYADANIZI)

ご本尊 千手観世音菩薩

 本堂は弥谷寺山頂に位置し、岩壁に囲まれるように建っています。 
ご本尊は千手観世音菩薩で、千の手で困った人々を救済してくれる仏様です。



奥之院 獅子之岩屋

 獅子岩屋の偈頌
 「信心発せば その身いかな厄災罪業あろうろも 獅子ノ御口がくいつぶし 身心清浄ならしめたもう」

 大師堂の堂内奥にあり、岩屋が獅子の咆吼に見える事から獅子之岩屋と呼ばれ、おもに病気平癒などの厄災消済に霊験ありとされます。

 また、文献には明星之窓の伝説とともに弘法大師御学問所や入学ノ地とも記されています。奥之院本尊は厄除大師、両脇に母君・父君、岩肌に摩崖仏が刻まれています。明星之窓は岩屋右手にあります。

明星の窓

 お大師様は明星之窓の明かりのもと学問蛍雪に努められ、のちに唐から持ち帰った金銅の五鈷鈴を納められたと伝わります。現在、五鈷鈴は国の重要文化財に指定されています。




水場の洞窟

 弥谷山は、古来より霊山(弥山)として信仰されたといわれ、日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つに数えられたといわれます。

 弥谷山では、水場の洞窟が神仏の世界(須弥山)への入口として信仰されたといわれ、修行僧により刻まれた磨崖仏や修行の洞窟が今も山内にまつられています。

 また、水場之洞で願掛けをするとお地蔵様がその願いを須弥山(神仏の世界)に届けてくれるともいわれ、お水まつりの風習が残っています。


金剛拳菩薩(かなぶつさん)

 十六大菩薩の最後に位置し、成就を司るといわれます。弥谷寺では病におかげがあると昔からいわれ「かなぶつさん」と呼ばれ信仰されてきました。元禄年間に20年かけ鋳造されました。




四国第71番弥谷寺 本堂
本堂(千手観世音菩薩)

四国第71番弥谷寺 獅子之岩屋
獅子之岩屋(大師堂内)

四国霊場第71番弥谷寺明星の窓
明星の窓

四国霊場第71番弥谷寺
水場の洞窟

弥谷寺 金剛拳菩薩
金剛拳菩薩

中腹の駐車場(足もと不安な方等ご利用ください)

・裏参道を通ると、中腹270段目まで車で行けます。足もと不安な方等ご利用ください。
※裏参道自動車道は、山上への自動車道維持の為、料金が必要です。

・表参道へは、登り口より仁王門へお進みください(本堂迄540段ほど)。
※大駐車場(無料)をご利用ください。

(ご注意)裏参道は、大型バス以上の車両は道幅のため、通行できません(マイクロバスの大きさまで通行可能)。

所要時間

・表山道(登り口より本堂迄540段):参拝時間を含め、往復でおよそ70分程です。
・裏参道(中腹270段目より参拝):参拝時間を含め、往復でおよそ40分程です。